2006年12月アーカイブ

モジュール3で追加された新クエストの1つ『炎熱の縛鎖』の地図です。ダンジョンの入口はファイアブランド族の領土の最奥、〈火の山〉の南麓にある〈灼熱の都〉です。

一見、複雑な立体交差ダンジョンに思えますが、落ちついて模式図を描いてみると分かるとおり、やっぱり複雑な三次元マップ…と思いきや、本質的には二次元ダンジョンです。
どれだけ重層構造を組んでいても、上下動と双方向性が無ければ三次元ダンジョンとは言えません。2F北ルート(名寄)の飛び降りや跳ね橋(北見)の工夫などは見てとれるのですが、基本的には一本道の「複雑な二次元マップ」です。

これで飛び降りや蒸気ジャンプを利用した破天荒なショートカットが許されれば、がぜん面白くなったはず。スタート直後の橋からいきなり左側の陸地(函館)に飛び降りて鍵回収→ドアを目論んだのですが、鍵を落とす敵が出現せず失敗しました。このあたり決まった手順を踏んで攻略することを前提にしているのが見てとれ、残念です。

BurningCityR21.jpg

年末進行中につき

| コメント(5) | トラックバック(0)

たぶん御用納めまで職場泊まりが増えそうな気配。
更新が遅れると思いますが悪しからず御了承ください。

とりあえず作業の進捗状況など。

BurningCityDev.jpg

マジ泣けてきます。

モジュール3で追加された新クエストの1つ『鉱山襲撃』の地図です。ダンジョンの入口は〈偽墓の谷〉を南下し、切り通しを抜けてファイアーブランド族の領地へと足を踏み入れたすぐのところ、ちょうど〈火の山〉の北東の麓にあたります。

一見、複雑な立体交差ダンジョンに思えますが、落ちついて模式図を描いてみると分かるとおり、比較的単純な二次元マップです。
世の中には、ちょっと歩き回るだけですぐこの構造に気がつける人と、図を描かないかぎり永遠に理解できない人の、二種類のタイプがいます。後者はハンドル握ると苦労します。ホント。

MaraudTheMine.jpg

モジュール3で追加された新クエストの1つ『クーラッシュの間』の地図です。ダンジョンの入口は〈偽墓の谷〉に南北3つ並ぶピラミッドの南側にある〈占星術師の墓〉です。

ダンジョンそのものは〈医師の墓〉に輪をかけて単純です。いくらなんでもこれは手抜きだ、と言いたいところですが、ここはデザイナー氏が〈魔導王の墓〉の設計で力尽きたのだろう、と好意的解釈をしておきます。

TombOfTheAstrologer.jpg

モジュール3で追加された新クエストの1つ『ヴルコーリム襲撃』の地図です。ダンジョンの入口は〈大絶壁〉の北端にある〈ヴルコーリムの養育場〉です。

日本語クライアントではクリースと表記されている CRÉCHE は、英和辞書などでは託児場、保育場などと記されており、良い訳語の選択に少々悩みます。一部の鳥類(ペンギンやフラミンゴ)では群れのヒナを集めて効率的に育てる仕組みがあり、これを指してクレイシュとも呼ぶそうです。今回は養育場と訳しましたが、クエスト内で hatchery という言葉が出てくるのを鑑みると、むしろ養殖場としたほうが良いのかもしれません。

RaidTheVulkoorim.jpg

モジュール3で追加された新クエストの1つ『レイヤムの間』の地図です。ダンジョンの入口は〈偽墓の谷〉に南北3つ並ぶピラミッドの中央にある〈魔導王の墓〉です。

表示密度を上げるために複数の階層をひとつにまとめています。B1~4Fのように描かれていますが、実際は7階建てか8階建てくらいですので勘違いなきよう。

魔導王の墳墓をめぐる冒険は〈三大ピラミッドクエスト〉のクライマックスにあたるもので、かつ〈暗黒女王レイド〉の前提となる三つのクエストの一角を成しています。

DDOがその名のとおり「迷宮もの」であることを思い出させてくれる、極めて正統派、質量ともにまさに横綱級と呼ぶに相応しいダンジョンアドベンチャーです。かつて土日に朝から公民館で方眼紙を広げてきたような人たちにはたまらない内容でしょう。反面速解きやアイテム集め、経験値稼ぎが生き甲斐の向きには苦痛極まるクエストかもしれません。

TombOfTheWizardKingR3.jpg

魔の砂漠〉ことメネチャタラン砂漠の地図です。

地図埋めにあたり、付き合ってくれたギルメン&野良のかた本当に有り難うございました。
なお崖で構成される辺縁部など到達が難しいところは洋鯖公式に掲載されていた
http://www.ddo.com/forums/showthread.php?t=76077
を一部流用させていただいたことを記しておきます。

御覧の通り野外に設置されている箱がかなりの数にのぼります。とは言ってもここで記載された全ての箱が常にあるわけではなく、インスタンスごとにおおよそ半分から3分の1程度の数がランダムで配置されているようです。
箱の中身はなかなかの質を誇っており、本やユニーク装備も出土しているとか。

例によって可能な限り邦題を捏造してあります。
(本家からのクレームを恐れてカタカナべた書きにしているさくらの立場も分からない訳ではありませんが、それならばそれで、せめて誤記くらいは無くして欲しいものです。「アストロジャー(→アストロロジャー / 占星術師)」「クリース(→クレイシュ / 養育場)」など、ちょっと泣けてきます…)

縮小版を眺めると、各勢力の版図がイメージしやすいかと思います。
左上の〈偽墓の谷〉に魔導王の配下たる不死者たち、左下の〈火の山〉を拠点としてノールのファイアーブランド族、右側の〈大絶壁〉から〈螺旋〉にかけてヴルコーリムの狂信者たちが割拠しており、そしてこれらに挟まれた中央やや上のニッチな領域にノールのウインドラッシャー族がひっそりと暮らしています。地図下端は女王の統べる地であり、これと対峙するように地図上端には風神に守られた人類版図が存在します。


フルサイズ (2560x1920) フルサイズ (2560x1920)
縮小版 (1024x768)
縮小版 (1024x768)

モジュール3で追加された新クエストの1つ『ラマット医師の間』の地図です。ダンジョンの入口は〈偽墓の谷〉に南北3つ並ぶピラミッドの北側にある〈医師の墓〉です。

ChamberOfRahmat.jpg

モジュール3で追加された新クエストの1つ『穢された神殿を浄化せよ』の地図です。
わさびを出て右手沿いに進み、橋の下をくぐって峡谷を行けば一本道。敵を無視すればあっという間に到着します。まさに駅から徒歩3分、砂漠クエ屈指の利便性を誇っています。
その便利さと内容のシンプルさ、確実に箱3つという美味しさはまさにファーム専用クエ。私は勝手に『スレナル北』と呼びならわしています。
洋鯖のフォーラムを覗くとエリートで7-8分を出している人達もいるようで、これからやりこみが楽しそうです。

FallenShrine.jpg

ピット

| コメント(2) | トラックバック(0)

マリオ部御用達クエスト「ピット」の地図です。
平面図ならすでにいくつかのファンサイトで公開されていますが、ピットの構造理解に不可欠な螺旋階段の立体図が見当たらなかったので作ってみました。

ピットの螺旋階段は、地下鉄の路線図をイメージしながら把握に努めると楽です。

予備発電機~踊り場2F~ブレーカー~踊り場B1~ビルジ~加熱炉~メインコントロール~神殿~最下層

という主要路線と、

インテイク~セキュリティ~踊り場1F~踊り場B1

という副路線があり、踊り場B1で乗り換えが可能です。この路線に沿った移動をまず第一に覚え、そののちフェザーフォーリングを利用したショートカットに慣れてゆけば、あまり戸惑うことなく理解を深めることができるのではないかと思います。

PITr22.jpg

モジュール3で追加された新クエストの1つ 『血の供物』 のダンジョン、ザ・ヴルコール・スパイラルの地図です。わかりづらいですが、ダンジョンの入口はメネチャタラン砂漠の東部にある大絶壁(≠傷の男)の南東にあります。広域MAPでいうといちばん右下にあたります。

ところで皆さんは公式HPに掲載されたジョー・バリー氏の開発日記を読まれたでしょうか。
まだの方は、クエストを始める前にいちど目を通されることをお勧めします。勘の良い人なら開始数分も経たないうちに、このダンジョンの攻略法がピンとくるはずです。

VulkoorSpiral.jpg

都道府県によってプラナー未実装の地域があると噂される、XCことゾリアン・サイファーの地図です。
最近は熟知前提でrun3周といった募集ばかりですので、経験の浅い人は行きづらいですよね。後衛でいつも左ルートばかり行かされていて、ALTの前衛で参加したら初めて右に割り振られてパニクった、なんてケースも無い話ではありません。是非参考に。

XCr2.jpg

レリックの地図です。
広さの割にスカスカな構造で、余白を埋めるのに苦労しました。

Relic.jpg

信者は去ったの後半部であるトゥーム・オブ・ジ・エインシェンツの地図です。
護衛対象の名前を日本語クライアントの表記に準じてヴェニトレーテッドとしてありますが、正しくはヴェネレーテッド(Venerated mummies)のようです。

※正しい読みで表記することとしました。

あまり知られていませんが、Venerated mummiesのHPは、クレリックの魔法で回復してやることができます。

TombOfTheAcients.jpg