2008年10月アーカイブ

 前回触れた 「マッドストーン・クレーターとは何か?」 について。
 新大陸カルナスのマッドストーンがカイバー竜晶であることは公式でもめかされており、したがって暗黒大陸のマッドストーンもまたカイバー竜晶であろうと考えるのは自然な発想です。

 四万年前に最終魔法 〈リーヴァーの禍〉 が発動したとき、暗黒大陸大変動が襲いました。山嶺はく裂け吹き上がる火柱は天にし大地の多くが海中に没したと伝えられています。文字通り天地がひっくり返り、地図が書き換わるほどの地殻変動を経験したわけですから、地中深くに眠るカイバー竜晶が地表へ姿を顕したとしても不思議ではありません。

 カルナスのマッドストーンは中にデルキールを封じているとも噂されます。あるいは暗黒大陸のマッドストーンであれば十万年前の竜魔大殲で敗れ去った魔族の諸侯が閉じこめられているやもしれません(シナリオ 『塵の王の眼に砂を』 では実際に羅刹娑の王が眠る聖櫃が登場しますから、十分に現実的な設定と思われます)。

***

 筆者ならばこの設定からキャンペーン 〈死者への連祷書〉 への繋ぎを考えたくなります。ブラック・アボットは 昇華 の為に、リッチへの変成をさらに上回る不死の秘法を研究していた筈です。そのためには世界各地の様々な系統・流派の死霊術の知識が必要であったと思われます。
 そう、あまり知られては居ませんがエベロン設定では死霊術に複数の系統があり、アボットや師匠の“不死の女王”エランディス・ド・ヴォル、さらに遡れば古代エアレナルのエルフが操る死霊術はそのひとつに過ぎません(冥神の系統)。

 死霊術には他に 〈地底竜の系統〉 とでもいうべきものがあり、地底竜の直系の仔らである神話時代のデーモンの大君主夜の妖婆たち、とりわけ死霊術士の祖と言われるデーモンの王カタシュカから、そのたる〈塵の王〉たち、そしてその下で暗躍する下級の羅刹娑たちへと独自の死霊術が伝えられているといいます。

 とするとアボットが死霊術の知識を求めて位階の高いデーモンや〈塵の王〉たちに接触を試みる可能性は十二分にあると考えられます。の魔術師が打ち倒され平定されたマッドストーンの火口、そこに埋もれた巨大なカイバー竜晶の深奥に眠る〈塵の王〉が、古代の死霊術に長けた名のある個体だと古文書から明らかになったら…?

 の地を治める“黒竜リンドヴーダの同胞”ブレイズ将軍率いる〈嵐の心臓〉の守備隊と、アボットの先遣隊、そして翠玉爪から依頼を受けた冒険者たちによる三つ巴の争奪戦が繰り広げられるかもしれません。
 衝突に先んじて〈嵐の心臓〉とアボット、双方から共闘を持ちかけられた冒険者は?封印された〈塵の王〉との交渉ではなく復活そのものを目論む地底竜教団工作員が紛れ込んでいたら?最後の最後で全員の横っ面をこうと、銀炎が虎視眈々と様子を伺っていたら?虚々実々の駆け引きが繰り広げられる、いかにもエベロン設定然とした脚本が組めそうです。

***

 さて、ここまではマッドストーンがカイバー竜晶であるという仮定で話を進めてきましたが、もちろんそれ以外の仮説を立てることも可能です。
 シナリオ 『マッドストーン・クレーター』 をクリアすると、ブレイズ将軍はこんな台詞を口にします。

「古代のアンデッド・ジャイアントがクレーターの中で今まで生きていたとはまだ信じられない。シベイの岩だとばかり思っていたよ。ストーム・ハートへようこそ」
'I still can't believe an ancient undead giant had survived all those years in the crater. I always thought it was a rock from Siberys, crazy. Welcome to the Storm's Heart soldier.'
(下線は筆者)
 「シベイの岩」 が何のことかは読者の皆様はお分かりでしょう。
 この台詞を読む限り、ブレイズはマッドストーン・クレーターの 「クレーター」 を全く別の意味で解釈していた(というか、作中ではそのように見える地形であった)と考えられます。
 さて、マッドストーンの正体がそのようなものである可能性はアリ?その場合 〈死者への連祷書〉 への繋ぎは可能?

 頁が尽きたので今回はこの辺で。
 オフラインセッションの話を書くとか風呂敷広げた気もしますが、それはまた今度。

SS20081015.jpg 地下世界の立体マップが楽しすぎてお絵描きに夢中です。
 とはいえ PhotoShop や sai で作り続けるのにも限界が見えてきたので、もし MOD8 でも同様のマップデザインが続くようならツールを 3D に切り替えようかと思っていたり。学生時代、ゲームブックの地図描きに使っていた trueSpace 3d を引っ張り出し――ってうちにあるの Caligari社時代の Windows95 用かも。
 肝心の MOD7 マップですが、ただいまオンライン・オフラインともにに一生懸命のため、いましばらくお待ち下さいませ。あまり放置するのも何なので別ネタで繋ぎますから。